• 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

ルースリーフの紅茶

イギリス在住通訳者の平松里英(rielondon)です。

 紅茶のルースリーフを淹れるとき「どのくらいお茶の葉を入れたらいいんだろう?」と考えませんか?
わたしもこれが、よくわからなくて、だいたい うす過ぎで、じゃあといって意識すると今度は濃過ぎ。。
イギリス人で朝起きたら「いの一番」にケトルのスイッチをオンにする夫に聞いてみました。
そしたら「ああ、one (teaspoon of loose leaf) for each person and one for the pot って言うんだよ。」
つまり、ティースプーンで (人数分+1) 杯の葉が、目安の分量。3人分なら4杯、4人分なら5杯ということになりますよね。
 
淹れてみたらたしかにバッチリ‼︎ちょうどいい紅茶がおいしくはいりました。とっても美味しくいただきました。
 
ポットが喫む分を数えるなんて英国らしいな、覚えやすい覚え方で、いかにもEconomicalな英語らしい発想だと思いました。

このブログはにほんブログ村のランキングに参加しています。

ほんの少しでも「面白かった」「ためになった!」「参考になった!」と思ってくださった方はぜひ、励みになりますので下の写真をクリックよろしくお願いしま~す!!

にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ

お仕事のご相談やご質問はメールまたはコンタクトフォームからご連絡ください。通訳のお問い合わせ、または、ご予約いただく前にサービス利用規約ご一読いただけましたら、忙しいお客様のお手間を最小限に抑えることに繋がりますよ〜!

ポッドキャスト『ロンドン発英語よもやま話』配信中!

イギリス英語発音コーナーがまもなくスタート!≫

イギリス英語、アメリカ英語、英語学習、通訳や翻訳の話など・・・幅広いトピックを対話形式でご紹介しています。英語のみのコーナーのある回もあります。

毎週土曜日に新エピソードを配信しています。ぜひ無料購読してくださいね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください