• 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

第3回(社説)来たるべき民主主義 より長い時間軸の政治を

イギリス在住通訳者の平松里英(rielondon)です。

通訳練習の覚えがきです。

【今日の素材】2018年1月4日 朝日新聞(デジタル)1/1 朝刊の社説

近年まれな(長期政権)unusually (long time) under the recent standards of Japanese politics
(時間を)大切に(使い) wisely and efficiently
着実に積み上げる build up (meaningful political achievements)
(痛みを伴う)難題 policy challenge (bound to be painful)
正面から取り組む tackle head-on
持論の his long-cherished ambition (to)
狙いを定める条項 (the) target provisions for amendments
迷走してきた感が強い appear to be waffling
国政選挙を行う calling of national elections
場当たり的 haphazard
政権運営 policy making
政権を奪還する his return to power
の勘定になる that translates into
強引な衆院解散 a snap election in a high-handed move
(選挙に)打って出る bolster his political standing
政策の看板を掛け替える alter the top policy priorities of his administration
多年の弊 a long-festering problem (with Japanese politics)
民主主義の健全さを失う inevitably harm the health of democracy
政権担当期間を通じてのプログラム (long term perspectives and) consistent programs for the entire period of governing by an administration

財政再建
政策課題を解決する難しさ
有権者(に占める)
投票率が高い
気にせざるを得ない
政治の側がいい顔をした結果にすぎない
目先の利益 short-term political gains
独立した第三者機関
党派性のない客観的な専門家
厳しくチェックする
選挙制度(を取り入れる)
年中行事化する
内閣の解散権
(ドイツの)基本法
ドイツの憲法に当たる
将来への関心を欠いているわけではない
侵すことのできない永久の権利
先を見据える

このブログはにほんブログ村のランキングに参加しています。

ほんの少しでも「面白かった」「ためになった!」「参考になった!」と思ってくださった方はぜひ、励みになりますので下の写真をクリックよろしくお願いしま~す!!

にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ

お仕事のご相談やご質問はメールまたはコンタクトフォームからご連絡ください。通訳のお問い合わせ、または、ご予約いただく前にサービス利用規約ご一読いただけましたら、忙しいお客様のお手間を最小限に抑えることに繋がりますよ〜!

ポッドキャスト『ロンドン発英語よもやま話』配信中!

イギリス英語発音コーナーがまもなくスタート!≫

イギリス英語、アメリカ英語、英語学習、通訳や翻訳の話など・・・幅広いトピックを対話形式でご紹介しています。英語のみのコーナーのある回もあります。

毎週土曜日に新エピソードを配信しています。ぜひ無料購読してくださいね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください