• 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

第15回(社説)強制不妊手術 救済に向け調査を急げ

ロンドン在住通訳者の平松里英(rielondon)です。

通訳練習の覚えがきです。

【今日の素材】2018年2月23日 朝日新聞(デジタル)2/21 朝刊の社説

旧優生保護法 the now-defunct Eugenic Protection Law of 1948

強制不妊手術 forced sterilization surgery

「不良な子孫の出生防止」 ”preventing the birth of inferior offspring”

遺伝性の疾患 genetic disorders

知的障害者 individuals with mental disabilities

人間の尊厳を踏みにじる a gross violation of human rights

卵管を縛って妊娠できなくする手術 forced to have her Fallopian tubes tied at a hospital

卵巣摘出 the removal of her ovaries

出産という自己決定権 right to self-determination in the matter of childbirth

被害救済の保証制度 a system to compensate individuals; make restitutions to the victims

母体保護法 the Maternal Protection Law in 1996

育児能力がない lack the abilities to raise a child

月経の後始末ができない care for themselves es during menstruation

都道府県の審査会 prefectural panels

手術の適否を判断する tasked with approving or disapproving surgery

超党派で議連をつくる a supra partisan group to remedy the situation

議員立法での救済 lawmaker-sponsored legislation

らい予防法 the Leprosy Prevention Law

隔離政策 the national policy of isolating Hansen’s disease patients

厚生省の通達 the health ministry’s directive (to promote sterilization)

お仕事のご相談やご質問はメールと右下のチャットボックスにてご連絡ください。

ただいま無料コンサルテーションを受け付けています!

♪ポッドキャスト『ロンドン発英語よもやま話』配信中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください