• 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

堀江貴文氏とカルロス・ゴーン氏のインタビュー|通訳の視点からホリエモンの英語についてるVol.4

こんにちは。イギリス在住会議通訳者の平松里英(rielondon)です。

先日、ホリエモンこと堀江貴文さんが、レバノンでカルロス・ゴーンさんと対談した様子をご自身のYouTubeチャンネルで公開し、話題になっています。

そこで、ホリエモンの英語がうまいかどうか知りたい人の為に、ホリエモンの英語がいけているのかどうか検証してみたいと思います。全体で35分という、わりと長尺の動画なので、一回ではお伝えし切れません。

今回はシリーズ第4弾です。何回かに分けてシリーズでお伝えしますので、どうぞお付き合いください。

シリーズのはじめの数回はインタビューの冒頭から8分45秒あたりまでを取り上げています。前回(第3弾)からはホリエモンの英語について具体的に詳しく解説しています。

▶︎動画はこちら(インタビューの開始箇所に頭出ししてあります)

インタビューの冒頭から8分45秒あたりまでの聞き起こし全文は第3弾(Vol.3)をご覧ください。

ぜひ真似してほしいお手本になるところ、真似はお勧めしないけれど参考になるところ。後者はどこをどうすれば改善できるのか、その方法を「基礎レベルの英語でブラッシュアップ」を note.mu でご紹介しています。音声記事もあります。

日本語字幕に合わせて英語を作り替えてみると?

では、前回に引き続き、以下の順でセンテンスごとに二つ目のセンテンス(②)から比較してみましょう。

  1. 堀江氏の英語(オリジナル英語)②〜④

  2. 日本語字幕 ②〜④

  3. Google翻訳(ドライに機械翻訳にかけるとどうなるか)②〜④

  4. 私ならどう言うか ②〜④

  5. 基礎レベル英語でブラッシュアップ


オリジナル英語②:No, no, no… how old are you?

年齢は上記と同じく基本的にはタブーで、相手の外見に関することなので注意が必要です。特に女性には年齢は訊きません。私なら答える前に「Why do you ask?」とか「Why should you ask?」と絶対に理由を確認します。理由が不十分であったなら答えても年齢は教えません。「I think I am old enough, thank you very much.」とかなんとか言って、確実にやり返します。

よほど打ち解けてきて、そして、話の流れでどうしても確認する必要が出てきたなら、そこではじめて質問できるトピックと言えるかも知れません。

日本語字幕②:おいくつですか?

さすがに「いくつだっけ?」と訊かれたなら、口の聞き方を知らないと思われてしまいますが、日本語で「おいくつですか?」と訊かれて「なんて失礼な!」と思う人がいるでしょうか?

おそらく状況次第という部分もあるでしょうが、大きく失礼には当たらないと思います。

これをこのまま機械翻訳にかけてみました。

Google 翻訳②:How old are you?

なるほど、ドンピシャです。気になったので「君、何歳?」「何歳だっけ?」も試しに掛けてみたところ、レジスターは完全に度外視。
すべて「How old are you?」と同じ訳が返ってきました。

私ならどう言うか②:I beg your pardon, but may I ask your age?

ですが、対面のコミュニケーションは機械同士のやり取りではありません。ほぼ出し抜けにさしたる理由もなく年齢を尋ねることは「なめらか」な流れではないこともあり、ひとことクッションを入れました。

I am sorry to ask・・・」も候補として考えたのですが、その次の節で「ask」を使うなら同じ語の繰り返しになってしまうので変えました。

もう一つ簡潔な良い例もあります。


では三つ目のセンテンスを見てみましょう。

オリジナル英語③:Oh really?

よく使われるフレーズですね。

日本語字幕③:本当ですか?

字幕ではこうなっていました。機械翻訳では以下のように出てきました。

Google 翻訳③:Really?

試しに「本当ですか?」よりもカジュアルな「本当に?」を機械翻訳にかけてみたところ「Really?」とまったく同じ回答。日本語で「本当ですか?」と訊くのこと、「本当に?」では受ける印象がだいぶ違いますよね。話す相手との関係性が含まれてきます。

ではどうしたらこれを丁寧に表現できるのか。

私ならどう言うか③:No – I find that hard to believe. (You do not look your age, at all.)

相手に「はい、本当です」とか「いいえ、本当ではありません」と言って欲しいわけではなく「(にわかには)信じられない」と言いたいのだと考えられます。なので、私ならとっさにこのように言ったのではないかと思います。

他にも言い方(処理の仕方)は考えられます。関係性によっても複数の言い方が考えられます。


つづいては「本題ですが」という感じで堀江氏が切り出すくだり。

オリジナル英語④:I wanna talk with you about Japanese justice system and also prosecutor problem.

まず、ぜひ見習って欲しいと思った表現から。「talk with you」の「with」です。「話す」で「talk」を使うと「talk to」と前置詞に「to」を使うことが多いのですが、 堀江氏は「talk with you about…」と表現しています。

「talk to」だと話す方向が一方向的で相手は聞くことを促されており話すことは促されていないような気がしますが、「talk with」なら双方向的な感じ、対話という気がします。後者の方が協調性を感じさせるのです。 ここの配慮はすばらしいと思いました。

この部分、日本語字幕はどうなっているか、以下をご覧ください。

日本語字幕④:私は今回あなたと刑事司法制度と検察の問題について話したいです。

最上級の敬語ではないものの、やはり卒のない丁寧な日本語になっています。

では機械翻訳でどうなっているか見てみましょう。

Google 翻訳④:I want to talk to you this time about the criminal justice system and prosecution issues.

機械翻訳よりも堀江氏の英語の方にやや温かみを感じます。ちょっと英語としては不自然さがありますが、機械翻訳らしいドライな訳出になっています。

つぎにオリジナルの英語表現を聞いて「!」と思った部分を解説します。

なんと言っても「I wanna」です。

「I wanna」と聞いた瞬間「あちゃー」と驚いてしまいました。正直なところ「まさか」という思いと「やっぱり来たか」という両方の思いが去来しました。

wanna とは want to の短縮形で、かなり砕けた表現です。

基本的に英語では丁寧に言おうとすればするほど長くなる傾向があり、短くなればなるほどぞんざいな言い方、カジュアルな言い方になります。※

つまり、wanna(1語)よりは want to(2語)の方が、want to よりは would like to(3語)の方が丁寧な表現です。

では「I would like to talk with you about …」と言っていたら良かったのか。確実に言えるのは「I wanna」よりははるかに丁寧なので相手に対するリスペクト(尊重する気持ち)は乗せられていたと思います。

主語を「I」にせず、相手(you)とか第三者(it)などにできればさらに良くなったと思います。

例えば、wanna以降の英文をほとんど変えなくても「Would you like to talk about・・・?」という言い方もできたでしょうし、talk about の代わりに discuss を使い、would you like to を変えて「Would you mind if we discussed…?」 などと言えば、かなり丁寧な言い回しになったでしょう。

※ 一概に長さだけの問題ではありません。使う語の抽象度が強まるほど高度な言い方になる傾向があります。

では、決してお手本という意味ではありませんが、私があの場にいたらなんと言っていたか考えてみました。

私ならどう言うか④:Could we discuss Japanese Justice System and its problem around the prosecution service?
*prosecution service はイギリスでの呼び方(王立控訴院のことをthe Crown Prosecution Service=CPSと言う)

最後の「the prosecution service」については賛否両論あるでしょうが、私がイギリス在住なのでとっさに口をついて出てくるのは「the prosecution service」であっただろうと思いましたので、そのまま正直に書きました。


いかがでしたか。最後までお付き合いいただきありがとうございました。シリーズの第4弾でした。まだまだ続きますが、第5弾以降もどうぞお付き合いください。

基礎英語でサクッと敬語|note.mu

もっと短く、基礎レベルの英語で、失礼のない言い方ができるか考えてみました。こちらは note.mu に「基礎レベル英語でブラッシュアップ」という見出しで掲載してあります。のテキスト音声note.mu に掲載しています。繰り返し音読したり、オーバーラッピングなどで英語の敬語表現の定着に役立ててください。

ではまた、Vol.5でまたお目にかかりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



ャンペーンやイベントなどの最新情報をお届け! 無料メルマガ登録いただくとお得情報最新情報を見逃すことがなく安心です。 (不定期配信なので更新頻度が高すぎる心配なし) ▶︎ 無料メルマガのご登録


LINE公式アカウントではイギリス英語の習得や英語の発音改善に役立つ限定情報を発信しています。 ▶︎ LINE公式アカウント登録


このブログはにほんブログ村のランキングに参加しています。✨下の写真をクリックして下さい✨ にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。