サービス 単位 金額 超過料金/オプション 金額
通訳 全日(8時間まで) 600ポンド/日 拘束時間9時間目から(30分毎) 100ポンド/時間
半日(4時間まで)※注参照 420ポンド/日 拘束時間5時間目から(30分毎) 100ポンド/時間
ボイスオーバー 最初の2分まで 50ポンド スタジオ利用コスト お問い合わせ下さい
3分目以降 10ポンド/分 スタジオ利用コスト お問い合わせ下さい

【ご留意ください】下記、注意事項になります。あらかじめご一読ください。
ご依頼の確定以降は、同規約に同意していただいたものとさせていただきますので、あらかじめ、「サービス利用規約」をご確認ください。

お支払い通貨について

表示されている料金はすべて英ポンド建てになっておりますが、お支払いは英ポンドでも日本円でも可能です。日本円でお支払いいただく場合は、業務終了日のレートを採用させていただき、ポンドから換算して請求させていただくことになります。初回のお客様など前払いが発生する場合は、お見積書に発行日のレートをもとに記載させていただきますので、そちらの金額をお振込みください。

「半日」とは?

半日とは業務開始から終了までの一連の業務が4時間以内におさまる場合を指します。ただし、4時間以内でも、お昼(12時)をまたぐ場合には全日扱いとなります。

実費諸経費について

  • 実費、諸経費 (宿泊費、航空運賃、その他移動費)は原則として含まれておりません。ロンドン中心部(ゾーン1~2)で業務が終始する場合を除き、別途ご負担いただいております。(ロンドン中心部でも公共交通機関でアクセスがしづらい所(Mayfairなど)は、タクシー料金がかかります)
  • 航空券や宿泊先などの手配は別途必要となります。原則として、立替え精算ではなく、お客様に事前に手配・お支払いいただくようお願いしております。何卒ご了承ください。(その際に通訳サポートが必要な場合はご相談ください。)
  • 宿泊を伴う出張業務の場合、一日3食のご提供がある場合を除き、一日あたり 100 ポンド の出張手当(食事手当)と移動料金(時間当たり)を申し受けます。
    ※移動日は通訳料の半額相当

会議通訳に関する注意点

1. 同時通訳の場合、通訳者は話し手の話を聞きながら訳すため、極度に集中力を必要とする、難易度の高い作業です。そのため、一人で長時間行うことはできません。1回の訳出は15分~20分が限界となり、通訳者は15分程度で交代しながら業務を遂行します。つまり、2時間の業務でも2名体制、3時間以上の業務であれば3~4名の通訳者が必要となります。

2. 同時通訳のブース・機材など設備が別途必要となります。常備しているわけではありませんが、現地調達や手配についてもご協力、ご相談に応じます。

電話・ビデオ会議通訳に関する注意点

電話通訳およびビデオ会議(テレビ会議)の通訳の場合は、逐次通訳になります。話し手の発話のあと通訳が話すため、実際の内容の2倍程度の時間がかかります。たとえば、通常1時間かかるミーティングであれば、通訳を介すと ほぼ 2 時間 必要になるということです。つまり、ミーティングをあらかじめ1時間に設定したとすると、実際の会議は30分程度と短くなることを意味します。その点を考慮し、ミーティングの時間設定をしていただきますようお願い致します。

 

お見積もりの依頼、料金やサービスについての質問は「お問い合わせ」よりお寄せください。

また、Eメールにて直接お問い合わせいただく他、ライブチャット(このページのオレンジ色の吹き出し)からお気軽にお問い合わせいただけます。