• 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

司法・法廷通訳 とオフサイドルール Legal / CourtInterpreting in UK and the Offside Rule

こんにちは。イギリス在住会議通訳者の平松里英(rielondon)です。

「女はオフサイドを理解できない。」

“Women don’t understand the offside rule.”

このフレーズ、英語でも日本語でも、お互いの訳ではなくて存在するらしい。
聞いたこと(あるいは、言われたこと!)ありますか?サッカーのルールの中にある、「オフサイド」というルールの話。
Have you ever heard this sentence, or have you perhaps been told this?
The offside rule is the dividing point between women that are not big football enthusiasts and men who are footy lovers.

今日は、司法システムとサッカーの共通点。ルールの話。
This time I would like to discuss one thing in common between the legal system and football: the rules.

イギリスで通訳をしていて、これまでの経験では、刑事事件の案件よりも民事事件のほうが案件としては多いのだけれど、それでも刑事事件の通訳を受けることがあります。
As regards legal or court interpreting, the most of assignments that I have been involved have been civil cases, however, I’ve received requests to take on criminal cases and some of them being to do with the police.

法廷通訳や警察関係の通訳は、イギリスではNational Registerといわれる全国登録制度がある。これに登録していなければこういう仕事が請けられないかというと、そういうことではない。
I’ve never been on the National Register, as it is just not realistic as exams for that aren’t available in my language pair. Having said that, from time to time, I receive enquiries if I can take on court/legal interpreting assignments.

ただ、当局としては、登録を義務付けたいものの、資格試験があり、私がCommunity Languagesの通訳者だったら、費用が安くないためやすやすと受験することはできないだろうし、それに希少言語では第一、通訳者を見つけること自体が困難であったりして、なかなか彼らの思うようなやり方で回ってはいない。それが現状。
I imagine, the authority would like to make such qualification compulsory for all the interpreters to embark on Court assignments, an yet I can easily imagine it to be extremely difficult to impose such condition on every interpreter, because for one thing, it is already considered pricey among so many of such service providers,

それはともかく、イギリスに住む人がこういう案件のエンドクライアントになるわけですが、いつも思うことは、彼らは、たとえば20年以上住んでいて、英語は「わかる」のだが、トラブルで自力で自分を助けだせるほどではない。これを自覚していないときもある。自分ではコミュニケーションを図れているつもり。ただ、なぜか変なことになってしまった、というパターン。
Keeping that thought aside, my end clients for such assignments are Japanese nationals living in the UK, namely in England (& Wales, because of the jurisdiction for my qualification) and I consciously and conscientiously do not accept legal interpreting assignments for other jurisdictions such as Scotland or Northern Ireland, and that is not because I have to travel far…!!
Anyway, back to where I was, these people have lived in the country already for many years. It is understandable that locals assume these foreign nationals should speak good English, but the truth is they don’t. Not so many of them. What makes things worse is that they may not realise that themselves. They may think they are communicating well until somehow and somewhere it went wrong and a trivial thing ended up becoming big trouble, out of proportion

じつを言うと、彼らの英語力よりも、法廷や警察の「ルール」がわかっていないこととが、彼らを非常に不利な状態にしていると思う。この「ルール」とは、ここでは法律的な知識や、ましてや英語の文法知識を指しているわけではなくて、法廷に出たら法廷弁護士がどういった質問をするもので、彼らの役割が「とどのつまり」何なのか、とか、警察に呼び止められ、逮捕されるときはどういう順序で何が起きるのか、まったくわかっていない。
Here’s what I think. I think where the problem lies is that their unfamiliarity, their ignorance of the ‘rules’ in legal circumstances. They do not know how the police work in this country, they don’t know how the legal system works in this country – despite the fact they have lived in the country for the longest time!

こうなってくると、自信のない人が多いはずです。そして、裁判所や警察署でのコミュニケーションで失敗してしまい、些細な(はずの)トラブルが思いもよらぬ大事に展開していくのは、小さなコミュニケーションの失敗の積み重ねだったりするということ。
When the police have stopped them, it probably was the first experience in 20 years, and had not idea what was going to happen or what he or she was supposed to do or not do. And what did they do? They tried their own way trying to respond and sort things out, but this “own way” can vary, really vary. You’d be amazed how cultures are different from one another. Better yet, they’re probably not experts in cultural studies.

スポーツを例にしてみよう。サッカーをやろう!ということになったとする。サッカーのルールをまったく知らない人同士でプレーをする、試合をするのが無理なように、自分が逮捕されたのにその自覚がないとか。ここで断っておきたいのですが、「その自覚がない」と言ったのは、「警察に捕まった」というのはもちろんわかっているけれど、イギリスで逮捕が何を意味するか、どの時点で逮捕になったのか、逮捕されたら何が起きるのか、自分にどういった権利があり、どういう権利はないのか、質問しなければならないことは何か、というような、一連のことがほぼ瞬時に判断できるか、という意味です。
Let’s take sports as an example. Imagine, someone suggested to play football. Would they know the rules? Probably, yes. Otherwise, it would be just silly. I am happy to be corrected but usually when people suggest to play football they know the rules.

     Just like so, police officers, court officials, lawyers – they all know the rules. What about these foreign nationals? Do they know these rules?

Of course, the same question stand for its own people, Britons. However, I shall not expand this discussion there, otherwise it would be impossible to make any point.

     Being ignorant of ‘rules’ may mean they are not fully aware when they have been or that they have been arrested. They are aware they have to stay with the police but that doesn’t mean they know what it entails. What happens when they are arrested, do they definitely know and understand the word ‘arrested’? Do they know their entitlements? Are you sure if they know by themselves and immediately what questions they should be asking the authority? – to be honest, I don’t think they do.

イギリスの法制度や警察システムは日本のそれとはかなり違いがあります。また、イギリス国内でも、England & WalesとScotland、Northern Irelandと管轄が分かれており、法律システムも同じではありません。
Needless to say, the British legal system is very different from the Japanese legal system. Even in the UK, the legal systems among England & Wales, Scotland and Northern Ireland differ.

アメリカにある「ミランダ警告」はイギリスの「Caution」にあたるものですが、それは逮捕のときに警官が告知するという意味で「相当」するのであって、内容はけっして同じではありません。
The Right to Remain Silent exist in Japan and similar but not the same as Miranda rights in the USA, where it is different from Caution in Britain. (Please note, I am not referring to Caution/Warning as penalty)

イギリス(この場合はEngland & Wales)で警察に逮捕されるとどうなるか、どういう権利があるか、拘留される期間について、など政府のサイトに説明してあります。
(こういった情報を、イギリスに着たらとりあえずは目を通しておくとよいとよいとはおもいます。)
ただし、ふつうはすべて英語で書かれています。こういうサイトへ行き着き、内容が過不足なく理解できる人たちであれば、そもそも上記のようなトラブルの被害者にはなりません。つまり、問題は英語力だけにあるわけではありません。
There is useful information about legal system in the UK and can be found on the internet, easily, but the problem is that they are all in English. I know of them, I am sure there are many other people who know such websites and look up such information as necessary. However, there are again many people who do not know such websites exist, and even if someone tells them about those and they visit those pages, they may not understand, unfortunately. What’s more tragic is that they may not even realise they actually haven’t understood correctly!

そういう人たちは、日本人コミュニティのなかで暮らしていることも少なくないので、イギリスに住んでいるとは言っても、イギリスの公的事情についてとても明るいわけではないようです。「自己責任でしょ」と言ってしまえばそれまでですが、まあ、そう冷たいことは言わずに。
It is easy to say “ignorance is no excuse in the eyes of the law.” – yes, true, but think like this. We are living in the modern age, multicultural society, contributing to each other and one another. Let’s be open. Let’s be inclusive. Let’s embrace this as an opportunity to expand our horizon, shall we?

民事裁判だと、イギリスの制度に慣れていない外国人の当事者を相手に、事前にWitness Trainingという「証人のための裁判所での心得研修」とも呼べるものが行われることがあります。これは、民間の法律事務所が、任意でもともと法律家でそういうサービスを提供している人に依頼して行われるものなので、刑事事件では慣例として行われてはいない。
I have had an opportunity to interpret in Witness Training for civil case among large corporations. Unfortunately, I have never heard this sort of service is available for criminal cases, as I suppose it may be a lot to do with how much it would cost.  That doesn’t change that it is necessary. Perhaps, it doesn’t have to be the same one. If there are some webpages and videos available in their language AND they need to be told as they go to their embassy to register their residence – that’s my idea.

日本人だけでなく、いまや多くの外国人居住者を抱えるイギリス社会。そういった部分を埋める何かが必要だと思います。立場をひっくり返して、日本でも、どこの国でも、本来はこういうものが必要なんですよね。明日はわが身です。
Not only Japanese nationals, any foreign nationals who are going to live or have already been living in the country, needs access to such information and to familiarise themselves. It is essential to prevent unnecessary proceedings i.e. cost, time and work by preparing themselves. Thanks for reading.


『日本人の英語を変える!発音改善コース』詳細ページ

日本人の英語を変える!発音改善コース』の体験セミナーを開催します!

つぎは 10月12日(土) です。

チェック(透過)英語によるディスカッションでなかなか発言できない。
チェック(透過)勇気を出して英語で話しても訊き返され自信を失くしてしまう。
チェック(透過)ある程度は話せるが、外国人と二人きりになると会話が持たない。

・・そんなお悩みがある方は一度ご相談ください!

 

ポッドキャスト『日本人の英語を変える!ポッドキャスト』配信中! イギリス英語、英語学習、異文化コミュニケーション、通訳の話など・・・幅広いトピックを対話形式でご紹介しています。毎週土曜日に新エピソードを配信


このブログはにほんブログ村のランキングに参加しています。
下の写真をクリックして下さい♪

にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください