• 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

スランプは高校時代にやってきた!

こんにちは。イギリス在住会議通訳者の平松里英(rielondon)です。

みなさん、こんにちは。

今日は高校時代の思い出についてお話ししたいと思います。
前回中学時代のお話をした時に、意科目は英語だったっていう話をしたと思うんですが、高校に入ったころですね。
中学高校一貫校に通っていたんですけれども、高1から高校受験で入ってくる子たちがいて、
私の隣に座った子たちとかが、割と英語が得意で、すごく綺麗にノート📔を取ってたんですよね。

高1の時の英語担当の先生もノートをとることをすごく力を入れている先生で・・・。

じつは私それまであまりノートを取らない勉強の仕方をしていたんです。
教科書のなかに直接書き込んでいました。ペンもだいたい3〜5色🌈ぐらいですかね。

こう「こことここは繋がるんだ💡」とか、色分けをして、自分でぱっと見て地図みたいにわかるように書き込んでたんです。
ところがその年の先生に「ノートを取りなさい👩‍🏫」って言われたのと、私の席が最前列になってしまってその先生の目につくっていうのもあったので、はっきりやり方を変えたんですよ。

先生に言われるやり方がいいのかなと思って。

すごく気になるじゃないですか。
その隣の子とかがすごく一生懸命ノートをとっているし。

それをやってたらですね、成績がガタッと⤵︎落ちてしまったのですよね〜。

英語で「3」なんてとったことなかったんですけど、そのくらいに下がってしまって。

すごくショックで落ち込みました。

そうすると、どんどん自信がなくなっていくので、そこから抜け出せるようになるまでに随分かかるんですよね。

挽回するまでに2、3学期ぐらいかかったんじゃないですかね。

というのも、

自信を失ってから「やっぱり自分のやり方に戻そう」と思えるまでには、

しばらくかかると思うんですよ。

色々試行錯誤して。言ってみれば、もがいて自分を取り戻し、
そんな中で結局自分のやり方に戻して、成績が戻り初めて自信を取り戻すまでに。

自分の考案したもともとのやり方が一番合ってましたね👍

あなたのやり方がうまくいってるのなら、敢えて変えなくていいと思うんでしうよね。
うまくいかなかったら変えるって考え方で。
こんなふうに言うと、当たり前のことを言っているようですが、
結構人のやり方とかに影響されたりしませんか?

流行とかもそうだと思うんですが、世の中で話題になっていることとか、
流行っているものとか、少なからず心がザワつくと思うのです。

そう言うときにまったくブレないってなかなか勇気がいる。
若いときは特にそうですよね。

だからこそ、このお話しをしようと思ったのですが、
教科書に書き込んではいけないとか言われて自分のやり方が途端に「いけないやり方」のような気がして。
結果的に変えて後悔しましたが、回り道になりました。

それはそれで経験になったといえばなった。
よかったんだな、と思います。

が、

 

うまくいってることはわざわざ変えなくてもいいかもしれない。
自信を持って自分のやりたいやり方をとおして、やってください💕

 

 

日本人の英語を変える!発音改善コース』の体験セミナーを開催します!

チェック(透過)発音で恥ずかしい思いをしたくない。
チェック(透過)スピーキングだけでなくリスニングも苦手。
チェック(透過)きれいなイギリス英語で発音できるようになりたい。

・・そんなお悩みがある方は一度ご相談ください!

 

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

👇👇👇👇👇

にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ

お仕事のご相談やご質問はメールにてご連絡ください。

♪ポッドキャスト『ロンドン発英語よもやま話』配信中!


『日本人の英語を変える!発音改善コース』詳細ページ

このブログはにほんブログ村」のランキングに参加しています。下の写真をクリック

にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ

にほんブログ村

日本人の英語を変える!発音改善コース』の体験セミナーを開催します!

チェック(透過)英語によるディスカッションでなかなか発言できない。

チェック(透過)勇気を出して英語で話しても訊き返され自信が失くなる。

チェック(透過)外国人と二人きりになると会話が持たない。

そんなお悩みがある方は一度ご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください