• 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

堀江貴文氏とカルロス・ゴーン氏のインタビュー|通訳の視点からホリエモンの英語についてるVol.3

こんにちは。イギリス在住会議通訳者の平松里英(rielondon)です。

先日、ホリエモンこと堀江貴文さんが、レバノンでカルロス・ゴーンさんと対談した様子をご自身のYouTubeチャンネルで公開し、話題になっています。

そこで、ホリエモンの英語がうまいかどうか知りたい人の為に、ホリエモンの英語がいけているのかどうか検証してみたいと思います。全体で35分という、わりと長尺の動画なので、一回ではお伝えし切れません。

今回はシリーズ第3弾です。何回かに分けてシリーズでお伝えしていますので、lこの後もどうぞお付き合いください。第1弾では「ホリエモンの英語についての印象」第2弾では「レジスター」と「英語の敬語」という今回からの詳細解説の前におさらいしておく必要のある事柄についてお話ししています。


今回からはホリエモンの英語について、聞き起こしとともに、いよいよ具体的に詳しく見ていきます。今回はインタビューの冒頭から8分45秒あたりまでを取り上げます。

▶︎動画はこちら(インタビューの開始箇所に頭出ししてあります)

ホリエモンの英語を書き起こし解説していきます。ぜひ真似してほしいお手本になるところ、真似はお勧めしないけれど参考になるところ。後者はどこをどうすれば改善できるのか、その方法を「基礎レベルの英語でブラッシュアップ」を note.mu でご紹介しています。音声記事もあります。

実際のホリエモンの英語(抜粋|インタビュー冒頭から08’45”)

では、堀江氏とゴーン氏のやり取りを私が書き起こししましたので、この後の流れの参考までに、ご覧ください。

ホリエモン
いやあ、ゴーンさん?
ゴーン
Shall we start?
ホリエモン
Good to see you… Yeah, very good
How was you? How is you?
ゴーン
I’m ok. I’m better. I’m better.
ホリエモン
You looks better. And I think you are younger than in Japan.
ゴーン
… maybe.
ホリエモン
You looks young
ゴーン
Maybe… maybe I look younger but I’m not younger, unfortunately.
ホリエモン
No, no, no… how old are you?
ゴーン
I’m sixty-five (65).
ホリエモン
Oh really?

ゴーン
Yeah.
ホリエモン
Wow! Unbelievable you looks younger than [the] ten years.
ゴーン
…uhh maybe because I am free now. I feel ready go later. […] Physically free and even mentally, capable to act and capable to contact people, and be around by friend and family. I think this is very important.
ホリエモン
Yeah. I have appointment with you in January but you escaped [so] I missed you.
ゴーン
Yeah but it’s ok, it was postponed.
ホリエモン
Two months later finally I met you.
ゴーン
Welcome, welcome. Good to see you.
ホリエモン
Good to see you. Yeah. But ④I wanna talk with you about Japanese justice system and also prosecutor problem. So, uh yeah. I was arrested by the prosecutor but 15 years ago, and I researched about the Japanese justice system for [all] the long time, from the 15 years ago. I believed the Japanese justice before I arrested but I totally change[d] my mind.

ホリエモン
Also you.

ホリエモン
And, because you arrested by the Japanese arrested system. And, I am afraid of the change of the Japanese justice system 2 or 3 years, changes of the justice system. ⑤I’m very afraid of this, so I go to the parliament to 証言 … to state that the system change is dangerous for us because prosecutors power is getting more and more stronger than before. But about two years ago you were arrested. Wow, my afraid of the system…[unclear].
ホリエモン
First of all… you arrested in the Haneda airport, so the situation, that you arrested… ⑥how do you think of this?
ゴーン
In my case, as you know, this was a set-up, we call it a set-up, a kind of plot. Because in any system, prosecutors are supposed to be very neutral. You cannot take a part, if there is a conflict, between people, prosecutors are supposed to very neutral. It cannot take this one part. But in my case, I had from the beginning discovered collaboration, intense collaboration between some Nissan executives and the prosecutor.

ゴーン
And, it had been taking place for many months before my arresting, without me being told anything, so at my arrest, you’ll remember, I was arrested for one reason and the reason was I’m supposed to have understated compensation within an amount of money that was neither decided nor paid. So people were confused. At the beginning, there was a big confusion.

[08’45”]


【見習いたいホリエモンの表現】

  • 司法制度   justice systemjudicial system とも言う)
  • 検察/検察官 prosecutor

日本語字幕に合わせて英語を作り替えてみると?

では、以下の順でセンテンスごとに比較してみましょう。

  1. 堀江氏の英語(オリジナル英語)

  2. 日本語字幕

  3. Google翻訳(ドライに機械翻訳にかけるとどうなるか)

  4. 私ならどう言うか

  5. 基礎レベル英語でブラッシュアップ

まず堀江氏の英語では、こうありました。

オリジナル英語①:You looks better. And I think you are younger than in Japan.

つぎに、日本語字幕を見るとこうなっていました。

日本語字幕①:とても元気そうです。日本にいる時よりも若く見えると思います。

日本語は丁寧な表現になっています。いささかオリジナルの英語とは合わない気がします。レジスターが合わないのですね。

試しに機械翻訳にかけてみました。行間を読むことなくドライに逐語的に訳すとどうなるか、雰囲気がつかめると思います。

Google 翻訳①:Looks very good. I think you look younger than when you are in Japan.

最初の分は主語が抜けています。

2行目の「日本にいる時より」の「いる」は、日本語ではこの形が正しいのですが、英語では本来は時制が過去形でなければなりません。

しかし、機械翻訳では日本語の文法から英語の文法へ置き換える(読み替える)ことはできなかったようです。

では、つぎに「私ならどう言うか」をご紹介・解説していきます。

ちなみに、もっと短く、基礎レベルの英語で、失礼のない言い方ができるか考えてみました。基礎英語レベルのバージョンは note.mu に掲載してあります。

私ならどう言うか①:You look very well. As it happens, you look younger than you did in Japan.

2行目に「As it happens」とワンクッション置いています。私の意図としては、文を修飾してクッション言葉として、この場合「意外かも知れないが」という意味合いで「as it happens」を噛ませました。

発言者が言ったのであれば、特別な場合を除き、通訳者が通訳しないわけにはいきませんし、かと言って発言者はコミュニケーション上のルール違反を認識していない様子です、つまり悪気がないので、意図の調整をはかる意味で全体の意味を変えてしまわない無難なクッションことばを置いたというわけです。

ここで「コミュニケーション上のルール違反」と言っているのは、相手の容姿・年齢・結婚しているか否か、子供がいるか否か、などについてコメントすることは日本(語)ほど当たり前ではありません。

「痩せたね」「太ったね」「若返ったね」などとコメントすれば、人によっては失礼だと受け取られるでしょう。あるいは本題と関係のない話をなぜしようとするのか不思議に思われたり、「余計なお世話」だとか、内心「変な人」と思われてしまうかも知れません。

挨拶早々に親しみを込めてこのようなコメントをすることが日本語では良いこと(少なくとも悪いことではない)とされているかと思いますが、欧米ではタブーです。どうしても必要な場合には、そのように理由を述べてから質問・コメントするものなので、覚えておきたいもの。

いかがでしたか。最後までお付き合いいただきありがとうございました。シリーズの第3弾でした。まだまだ続きますが、第4弾以降もどうぞお付き合いください。

基礎英語でサクッと敬語|note.mu

もっと短く、基礎レベルの英語で、失礼のない言い方ができるか考えてみました。こちらは note.mu に「基礎レベル英語でブラッシュアップ」という見出しで掲載してあります。のテキスト音声note.mu に掲載しています。繰り返し音読したり、オーバーラッピングなどで英語の敬語表現の定着に役立ててください。

ではまた、Vol.4でまたお目にかかりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



ャンペーンやイベントなどの最新情報をお届け! 無料メルマガ登録いただくとお得情報最新情報を見逃すことがなく安心です。 (不定期配信なので更新頻度が高すぎる心配なし) ▶︎ 無料メルマガのご登録


LINE公式アカウントではイギリス英語の習得や英語の発音改善に役立つ限定情報を発信しています。 ▶︎ LINE公式アカウント登録


このブログはにほんブログ村のランキングに参加しています。✨下の写真をクリックして下さい✨ にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。