• 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

030.英語になった日本語の話

ロンドン在住通訳者の平松里英(rielondon)です。

平松里英の英語よもやま話

今週は英語になった日本語のお話しです。
例えば「積読」(つんどく)という言葉は最近、ロンドンでは英語として使われつつあるという、ちょっとびっくりするお話しです。
また定番の「ラーメン」などに加えて「カツカレー」「パン粉」という言葉まで、英語になりつつあるということに驚かされます。

そして先週に引き続き、質問コーナーでは、はなさんが翻訳者になったきっかけのお仕事のお話しです。
IT系新聞のプレスリリースの翻訳を2年間ほぼ毎日行ったそうで、とても興味深いお話しをぜひお聴きください!

この番組ではイギリスやアメリカの英語表現や現地での様子についてご紹介いたします。
また、英語の勉強に関するご質問やご相談を受け付けています。
Webサイトのお問い合わせページhttps://www.rie.london/contact)からどうぞ!

お仕事のご相談やご質問はメールと右下のチャットボックスにてご連絡ください。

ただいま無料コンサルテーションを受け付けています!

♪ポッドキャスト『ロンドン発英語よもやま話』配信中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください