• 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

049.Youは何しに海外へ①(トリニダード トバゴ)

こんにちは。イギリス在住会議通訳者の平松里英(rielondon)です。

今週は、色々な英語圏で生活する日本人の方をお招きして、その国の様子や独特の英語の言い回しなどのお話をうかがっていきます。
今回はトリニダード トバゴにお住いの、のとうみさとさんにお話をうかがいます。
トリニダード トバゴとはどんな国なのか、そしてなぜそこに住まわれているのか、わくわくするようなお話が盛りだくさんです。
そして、この国でとてもよく使われる「lime」という言い回しについて、その由来も含めてとても興味深いお話を、ぜひお聴きください!

この番組ではイギリスやアメリカの英語表現や現地での様子についてご紹介いたします。 また、英語の勉強に関するご質問やご相談を受け付けています。 Webサイトのお問い合わせページhttps://www.rie.london/contact)からどうぞ!

里英
番組をお聴きの皆さん、お元気でしょうか?今週は色々な英語圏の国にお住まいで頑張っていらっしゃる日本人の方に特別ゲストとして登場していただいて、その国の様子や独特の言い回しなどについてもお話しを伺っていきます。
名付けて『Youは何しにその国へ?』企画です!
記念すべき第1回、今回はトリニダード・トバゴにお住いの、のとうみさとさんにお越しいただいています。こんにちは〜!
みさと
こんにちは〜!
里英
早速お話を伺って参りましょう。
みさとさん、トリニダード・トバゴというとね、馴染みのない方も沢山いらっしゃるかと思いますので、まずそのトリニダード・トバゴについて、国について少し教えていただけますか?
みさと
はい。トリニダード・トバゴはカリブ海にある国です。1番近い国はベネズエラです。
里英
美人が多い国ですよね?
みさと
あ!そうなんですか?
里英
ベネズエラって。
みさと
そうなんですかって。
里英
ミスユニバースとかってベネズエラから候補者が来ること多くないですか?
みさと
あ〜
里英
それでどうしたんだって感じ。すいません。でもそのお隣の国というか。島だから離れているんだけれども、でもスペイン語圏じゃないんですね?
みさと
はい。使用言語は完全に英語です。
里英
なるほどなるほど。
みさと
はい。
里英
島の大きさとかってどうなんですか?
みさと
島の大きさはですね、大体5000㎢。
里英
ぐらい?
みさと
ぐらいで、日本でいうと千葉県とほぼ同じくらいの面積だそうです。
里英
なるほど。大きいような小さいような。
みさと
国の大きさが千葉県と同じくらいなので小さい方かなとは。
里英
なるほどね。でも島の端っこから走り出したら、10分ぐらい経ったら端っこまで着いてしまった、みたいな規模ではないですよね?
みさと
端から端くらいまでだったら2時間くらいかなとは思います。
里英
それなりに。
みさと
2時間かかる。
里英
結構車で行っても割と距離とかありそうですね。
みさと
そうですね。
里英
人口とかはどんな感じなんですか?人いっぱいいますか?
みさと
人口は約130万人くらいだそうで。日本でいうと、私青森県出身なんですけど、青森県の人口とほぼ同じくらいだそうです。
里英
なるほどね。青森県の面積よりは広い?
みさと
そうだと思います。
里英
多分そうですよね。広いですもんね。でも雰囲気的にはそのぐらいの混み具合ってことですね。
みさと
そうですね。
里英
なるほど。
そもそもなんですけれど、みさとさんがトリニダード・トバゴへ行った理由。何をしに行かれたんですか?そのあたりのお話を伺えればと思います。教えてください。
みさと
私がトリニダードに来た理由は国際結婚です。大学生の時にイギリスに留学していたんですけれども、イギリスの大学で知り合ったトリニダード・トバゴ人の方と仲良くなってお付き合いをすることになって。で、何かの巡り合わせと言えばいいんでしょうか。留学が終わってからもずっと交際が続いて。
里英
縁があってね。
みさと
縁があって。交際が続いて、こちらの方に来ようかということになりました。
里英
へ〜!そういうことだったんですね。すごく縁がある方とイギリスに留学中にお会いになったと。
みさと
そうです、はい。
里英
今の旦那様ですよね。
みさと
はい。
里英
その方は当然イギリスにいらしていて、今のハズバンドになられる方とイギリス留学中にお会いになったっていうことですよね?
みさと
はい。
里英
その留学後は?
みさと
留学後は、私イギリスにいたのはたった1年で、夫の方も1年ってことで来てて。私は日本の大学を休学してイギリスの大学に行っていたので、日本に帰って自分の大学に戻って勉強を続けて。夫の方は自分の大学のプログラムが終わって自分の国に帰って仕事を始めて。その間私は日本で大学を卒業してから地元に帰って3年間働いて、それからトリニダードの方に引っ越しました。
里英
なるほどね。でもその3年間っていうのは遠距離恋愛だったわけですよね?
みさと
そうです。大学に戻ってからなので5年間遠距離恋愛しました。
里英
5年間ってさらっとおっしゃいましたけど、結構長くないですか?
みさと
結構長いですね。やっぱり5年間の間に会える時間っていうのもかなり限られていたので。例えば学生時代だったら2週間とか2週間半とか休みを取ってトリニダードまで会いに行ったりっていうこともしていたんですけども、やっぱり働いてからってなるとなかなか2週間なんて休みが取れないので。1週間半とかそれくらいの期間でどこかトリニダードと日本と中間地点、アメリカとかで落ち合って1週間半くらい一緒に過ごして、またそれぞれの国に帰ってっていうのを1年に2回ずつやって。
里英
へ〜!七夕様みたいですね。
1年に2回。まあそうなりますよね。で、どちらかの国には行かないで要はその間に集まってたってことなんですもんね?
みさと
はい。そうですね。
里英
へ〜、想像を絶する。
っていうのは、間っていってもどのぐらいの場所になるんですか?例えば。
みさと
間っていってもやっぱりアメリカになってしまって。1番2人にとってフェアな距離っていうのがサンフランシスコだったんです。
里英
へ〜!そっか。もう大西洋では当然ないわけだから、大西洋をまたいで日本とトリニダードと線で引くとちょうど間ぐらいになるのがサンフランシスコになるわけですね?
みさと
そうです。
里英
それサンフランシスコまででも12時間くらいかかるんじゃないですか?日本から。10時間以上かかるでしょ?
みさと
かかります。
里英
で、トリニダードからもそのぐらいかけて来る?
みさと
はい、そうです。
里英
大変だね。
みさと
そうです。でも時差も2人にとって半分ずつずれる。
里英
なるほど。
みさと
私がトリニダードに行ってしまうと、時差が13時間遅れになるので、トリニダードに行ってしまうと帰って来た時に日本の生活に慣れるまでに時間がかかる。
里英
なるほどね。
みさと
はい。
里英
でもあれですよね?カリフォルニアって日本よりさらに時差がありますよね?17時間とか離れてますよね?
みさと
そうですね。
里英
なので逆に7〜8時間足すような感じになるのかな?日本時間より。日付は変わるので1日儲かる感じですよね?
みさと
16時間くらい離れて。
里英
そうですね、16時間ぐらい離れてますよね。
みさと
はい。
里英
16時間引くというよりは、計算としては差分足した方が時間的には簡単ですもんね。8時間足した方が簡単ですもんね。なるほどね。すごいな〜。それでトリニダード・トバゴに移住されて今何年ぐらいになるんですか?
みさと
今大体2年半ぐらいです。 
里英
お〜!2年半。まあだいぶ慣れて、ここでなんとかやっていけそうかな〜?という、そういう感覚になるぐらいですかね?その時期っていうと。
みさと
やっとトリニダードが自分の家だって思えるようになってきたかと思います。
里英
なるほどね。ちょっと色々と伺っていきたいんですけれどもね。この辺りで、トリニダード・トバゴならではの言い回しみたいな、そういう表現ってあるんですか?
みさと
表現は沢山あります。私も最初こちらに来た時に、1番最初は旅行で2週間くらい遊びに来たんですけれども。今の夫と夫の家族が言ってること以外は言われても理解するまで時間がかかったりとか。人によっては何を言われても全くわからないとかっていう状況もあったりしたので、結構言い回しとかはたくさんあるんですけれども。
今日ご紹介したいのが”liming”っていう表現です。
里英
”liming”?
みさと
はい。
里英
”liming”っていうのはLの方ですか?lemonとlimeのライムのことなんですか?
みさと
はい。
里英
教えてください。
みさと
イギリスとかアメリカの英語だったらhang outとかchill outとかっていう表現と同じになるんですけれども、友達と一緒にどこかに出かけるとか、ちょっと飲みに行くとか、あとは人のうちにお邪魔して一緒にお喋りする、お茶を飲むとか、そういう表現をこちらではlimeとかlimingとかっていう風に言ってます。
里英
へ〜!これ具体的には文の中に入れるとどうなるんですか?
みさと
例えば「私今里英さんと一緒にlimeしてますよ、一緒に遊んでますよ」っていう時には”I’m liming with Rie”みたいな感じで使ったりとか。
あとは名詞のように使うときは”There will be a lime by Rie”とかそういう感じで。
里英
パーティーみたいな感じですね?
みさと
はいはい。パーティーみたいな感じでも使ったり。
里英
ちょうど「get togetherがあるよ」とか「イベントがあるよ」みたいな、その名詞にこのlimeっていうのを名詞として入れ替えればいいんですね?
みさと
はい。そうなんです。
里英
なるほどね。love your limeとか言うわけですね?
みさと
はい。
里英
おもしろい!じゃあ、hanging aroundって言うときはliming aroundとか言えるんですか?
みさと
ただ単にlimingって。
里英
”liming”「ぶらぶらしてる」みたいな時も?
みさと
はい。
里英
それは言えない?I’m limingとは言わない?言わないのかな?
みさと
「ぶらぶらしてる」って言うときも”liming”って。
里英
”I’m liming” へ〜
みさと
こっちに来て私もまだ勉強中ではあるんですけど、limingの規模っていうのはかなり広い。例えば自分の家のベランダで1人でジュース飲みながら…
里英
Chill out?
みさと
はい、chill outとかでもlimingって言ってもいいですし。例えば友達の家で何十人単位で人が集まってガヤガヤパーティーする時もlimingって言ったりするんですよ。
里英
なるほどね。
みさと
”liming”の由来なんですけれども、これはトリニダードの中でも諸説あるみたいでして、私が聞いたことがあるのは、昔々人が外に出るって時に、トリニダードは熱帯気候で結構蚊が多いんですけれども。外に出て蚊に刺されないようにっていうことで蚊除けのスプレーの代わりにライムを絞って体に塗って出かけたっていうことがあったらしくて、それから外に出て友達と遊ぶとかパーティーに行くっていう時にライムって言われるようになったっていう話を聞いたことがあります。
里英
へ〜おもしろいですね〜!
ちょっとまた色々と伺っていきたいと思いますけれども。みさとさんには次回ご登場いただきます。
みさと
はい。
里英
今週時間の関係でここまでになってしまうんですけれども。せっかくですのでトリニダーディアン、トリニっていうんですか?せっかくですのでTrini expressionでお別れしましょう!
Laters!
みさと
Laters!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このブログはにほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので下の写真をクリックよろしくお願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ

ポッドキャスト『ロンドン発英語よもやま話』配信中!

イギリス英語、アメリカ英語、英語学習、通訳や翻訳の話など・・・幅広いトピックを対話形式でご紹介しています。英語のみのコーナーのある回もあります。

≪英語発音コーナー近日スタート!≫

毎週土曜日に新エピソードを配信しています。ぜひ無料購読してくださいね!

 

お問い合わせ

お仕事のご相談やご質問はメールまたはコンタクトフォームからご連絡ください。

 

質問箱

匿名で質問できます。英語に関係なくてもOK。基本的に何でも質問お受けします。こちらからご自由にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください