• 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

【読むポッドキャスト】022.イギリス英語の「訛り」「Accent」について

こんにちは。イギリス在住会議通訳者の平松里英(rielondon)です。

「日本人の英語を変える!ポッドキャスト」

022.イギリス英語の「訛り」「Accent」について

音源はこちらから無料で聴けます。

 

今回はまず、カナダに留学中のかなみさんに、カナダにはどんな種類のアクセントがあるか訪ねてみました。

 

かなみさんが住んでいるトロントは色々な国から来られている移民の方が多いので、スペイン語・中東系・インド系の英語…などはあると思います、とかなみさん。

 

私はカナダ本国の中で色々アクセントがあるのかな?と思ったのですが、今かなみさんが体験しているのは移民の人たちのアクセント(母国語からの訛り)だったんですね。

そして、お互いが外国語としての英語でコミュニケーションをしていても、わかり合うことができる、とかなみさん。

かなみさんの英語もわかってもらえるのは何故かと考えた時、相手も訛りのある英語を喋っているので、かなみさんも気兼ねなく訛りのある英語を喋れるので自信を持って話せる、ということでした。

かなみさんの場合は完全な英語ネイティブと話すと気が引けるので、お互い非ネイティブだと自信を持って喋れるのだそうです。

 

私もそれはすごくわかりますし、いまだにそういう瞬間があります。

ネイティブの人を相手にしていて、外国語としての英語を話している人が私以外にいないような場だと「文法的にどうなんだろう」とか、きちんと頭の中で並べてから話さなければいけないなと、ちゃんと言っていることに内容が伴っているか、何を言いたいのかが伝わるように話をしないといけないなと思うんです。

 

今のかなみさんのように、色々と気にせず気楽に英語を話せる環境も大事ですよね。

留学した時の気持ちの問題ですが、優しく受け取ってもらえる気はします、とかなみさん。

確かに改まった場所でスピーチをするばかりではないですから、スピーチを求められた時にはできるように準備は必要だけど、いつも緊張していたら持ちませんし、友達とか知り合った人とも和気藹々と関係を構築できるとか、会話が弾む、という方が大事ですもんね。

 

さて、今日のテーマは『イギリス英語の「訛り」「Accent」について』です。

 

イギリスの中でのアクセントは地域差・個性があります。

 

今私が申し上げている「イギリス英語」は移民の人たちの訛りの話は省いてお話ししているんです。例えばAsian community、といっても日本などのFar Eastではなくインドなどの国ことをAsian communityというのですが、人口が多いのでコミュニティが大きいんですよ。

そちらはそちらの、ある種特徴的な英語のアクセントというのはあるのですが、ここでお話ししているのはそれではなくて、例えばNorthと言われている北部のアクセントや、南部のアクセントについてです。

 

例えばNorth East, 北東部はすごく特徴的なGeordie accentと一般的に言われている発音があります。

どういう語があるかというと、例えばcake。最初の母音は通常二重母音ですが、これが長母音になるんです。また、Coca Colaのcokeも二重母音ですが、同じように長母音になります。

(発音は是非音声でお確かめください。)

 

NewcastleやDurhamなどの人たちが使うアクセントです。

 

現代版Billy Elliotと言われるNorth Eastの男の子が出てくるダンス系の映画があるのですが、North Eastのさらに細分化した、主人公の男の子の出身の地区のアクセントが話せる俳優を選んだそうですよ。

 

括ると同じようなカテゴリーに入るんですが、聞いているとやはり違いがわかります。

Middlesbroughの人とNewcastleの人とでちょっと違います。

 

私が今住んでいるYorkshireも北といえば北なんですが、Yorkshire accentといってもWest RidingとかNorth Riding, East Riding(Southはないんです)のように中でエリアが分かれるのですが、それによっても違うんです。

また、Yorkshireだけではないんですけど、Geordie accent っていうNorth Eastのアクセントとかあり、南部は南部であります。

West CountryのCornwallとか、Walesと隣り合わせの西の方はまた発音が違うんですよ。West Countryの人はRが強かったりします。人によりますが。私の知り合いでCornwall出身の人はRが強いです。

 

イギリス英語はRをあまり強く発音しないと以前お話ししましたが、地域によってRに特徴がある人もいます。アイルランドやアメリカとはまた違う独特のRなんですよね。

こちらはまたご紹介していけたらと思いますが。

 

他にも、ロンドンの中にも随分色々とあるんです。

「生粋のロンドンっ子」というような、東京でいうところの浅草とか下町の言葉に相当するような言葉がありますね。

例えばどんな音、っていうと単語の最後に来るLの音がWになるんですよ。例えばswimming poolがswimming poowになり、Wに近い音になります。

 

また、専門用語でいうと声門閉鎖音(glottal stop)と言いますが、waterはtを抜いてwaとerの間に「っ」が入ったような発音になります。

 

また、あまりおしとやかなボキャブラリーではないですがshut upと言うときも同じような原理で言ったりします。

 

(発音は是非音声でお確かめください。)

 

しかし、これはすごくカジュアルな話し方なのでスピーチなどで使うにはあまりオススメしません。

 

日本人がイギリス英語を勉強する(スピーチやプレゼンを使う)となったらスタンダードなイギリスの発音を勉強した方がいいと思います。

わざと笑いを取るったり、リアクションが欲しいなどで先ほどのwaterのような発音をするならいいと思うんですけど。

 

アメリカの人とかでも声門閉鎖音(glottal stop)をやる時があるんですよ。例を挙げるとbuttonがあります。

 

(発音は是非音声でお確かめください。)

 

また、Estuaryというロンドンの中でもEastの発音、厳密に言うともうちょっと広域でテムズ川の流域とかが関係してくるのでロンドンのすぐ下の地域のSurreyなど、先ほど言ったような下町の訛りではなくてsouthのアクセントなんだけど、世代によってあったりしますね。

 

例えばTHの発音がVになるんです。例を挙げるとbrotherがあります。

これらは若い人の発音ですが、他にはthank youのthがFになってしまったりもします。

(発音は是非音声でお確かめください。)

 

オススメしませんが、知識として知っておくといいかなという発音です。

 

イギリス訛りでも色々あるんですよ。

イギリス英語と発音ワンポイントレッスンのコーナー

 

今回はリスナーの方からのご相談で

warm(暖かい)とworm(ミミズ)の発音についてです。

 

発音法は本編の音声でご確認ください。

 

次のエピソードは土曜日に配信されます。

気になった方はぜひ、『日本人の英語を変える!発音改善コース』Facebookページや平松里英オフィシャルブログやメルマガをチェックしてみてください。

【無料】ポッドキャスト『日本人の英語を変える!ポッドキャスト』は下記のURLをクリックするだけで簡単に聴くことができます。

iPhone, iTunesはこちら

https://apple.co/2SiH2HC

ランクインにご協力ください♪「購読」も無料です!

Spotifyはこちら

https://open.spotify.com/show/1AbPrKRmb8Ynlyoep5tKUL?si=c8WhZ5NyRc-S7tdf-6R7Sw

Androidはこちら

https://castbox.fm/va/1188577

Googleポッドキャストはこちら

https://podcasts.google.com/?feed=aHR0cHM6Ly93d3cucmllLmxvbmRvbi9mZWVkL3BvZGNhc3Q%3D

【番組パーソナリティ】

会議通訳者・発音改善コンサルタント 平松里英(ひらまつ・りえ)

◎ オンラインの発音改善コースの詳細情報はこちら

https://rie.london/hatsuon_course

◎ 上記の発音改善コースの体験セミナーの参加者募集中!(月1回)https://www.rie.london/taiken_seminar

◎ 通訳のお仕事のご依頼・お問い合わせはこちらからどうぞ♬

https://www.rie.london/services/service-flow

◎ Twitter/会議通訳者 平松里英(英日会議通訳者|WIPO認定翻訳者)

通訳に関することから、イギリス英語、発音に関することまで発信しています。

https://twitter.com/rielondon

◎ Facebookページ/Rie Hiramatsu『日本人の英語を変える!発音改善コース』

ブログの更新情報やセミナー開催情報をお知らせしています。

https://fb.me/HatsuonKaizen

◎ Instagram|rie.london

イギリス在住通訳者・英語発音コンサルタントとして、仕事先で見かけた風景やポッドキャストのエピソード聞きかじりなどをアップしています。

https://www.instagram.com/rie.london/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



ャンペーンやイベントなどの最新情報をお届け! 無料メルマガ登録いただくとお得情報最新情報を見逃すことがなく安心です。 (不定期配信なので更新頻度が高すぎる心配なし) ▶︎ 無料メルマガのご登録


LINE公式アカウントではイギリス英語の習得や英語の発音改善に役立つ限定情報を発信しています。 ▶︎ LINE公式アカウント登録


このブログはにほんブログ村のランキングに参加しています。✨下の写真をクリックして下さい✨ にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。