• 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

040.アメリカの空港でのお話

こんにちは。イギリス在住会議通訳者の平松里英(rielondon)です。

今回は、リエさんが最近アメリカ東海岸、ニューハンプシャーに行った時のお話です。
飛行機や空港でのトランジットでのエピソードなど、イギリスとの違いなどを交えて楽しいお話で盛り上がります!

続いては英語のコーナー your life in five minutes です。
今回からは、スペイン語、アルメニア語、英語通訳者をされているマリアナさんをお招きしてお送りします。 マリアナさんのご出身のお話しなど、ネイティヴ英語での会話を、ぜひお楽しみください!

この番組ではイギリスやアメリカの英語表現や現地での様子についてご紹介いたします。 また、英語の勉強に関するご質問やご相談を受け付けています。 Webサイトのお問い合わせページhttps://www.rie.london/contact)からどうぞ!

里英
こんにちは。会議通訳者の平松里英です。
はな
こんにちは。翻訳者のランサムはなです。
里英
みなさんお元気でしょうか?今週も楽しくやっていきたいと思います!よろしくお願いします。
はな
よろしくお願いします。
里英
はなさんの本が届きました!素敵〜!ありがとうございます!
はな
よかったですよかったです。里英さんにもお手伝いいただいたので。早く見ていただきたかったんです。
里英
いやいや、本当に。あのね、やっぱりこうやって綺麗に装丁されているとね、すごく感動しますよ。正直ね、少しお手伝いをさせていただいていた時は、こういうまとまった状態で拝見していないので。
はな
うんうん、原稿で見ていただいてましたからね。
里英
ね。だったのでやっぱりその時のイメージとは全然違いますよ。
はな
うん、やっぱりね、1冊の本になってくるとちょっと重みっていうかね。こういう風なずっしり、ちょっと厚い本になってしまったので。
里英
これはすごく、なんていうのかな。見甲斐がある。
はな
そうですね。
里英
重くもないですね。
はな
色々書いてあるのでね。
里英
うんうん…本当にそう思います。あとちゃんとチャプターも、場面場面でね、分かれているし。いいんじゃないかなと思います。こういう表現ってやっぱり英語の授業とかではなかなか。これだけ揃うことは無いですしね。出てきたとしても。と思いましたね。会話にちょっとこういう様な表現で、こういう場面ではやり取りがなされるんですよ、みたいなことも各章についていて。すごくいいと思います。
はな
ありがとうございます。この前里英さんアメリカにいらっしゃってたじゃないですか。
里英
はいはい。この本があったらと思いましたよ!
はな
その時に間に合うように届けばよかったんだけど。それが間に合わなかったのでちょっと残念でしたけどね。
里英
私行ってたのハロウィンの直前ですもん。
はな
あ〜そっかそっか…。
里英
そう。
はな
そうだ。今日はアメリカの話を聞かせてください。
里英
本当。いつもね、はなさんからアメリカの、っていってもテキサスか。中心に話を伺っていて、私はイギリスではこうですっていう話をさせていただくことが断然多いんですけれども。
実は私アメリカといってもですね、行ったことあるところがすごく偏っていて。西海岸しか行ったことがなかったんですね私。西海岸のしかもカリフォルニアしかないという。
はな
それはね、アメリカ全部を見たとは言えないですよ。
里英
やっぱりね。そうですよね。本当にね、縁があるのがいつもロサンゼルスとか、足を伸ばしてもサンディエゴ。あとはサンフランシスコだったんですよ。もうオレゴンとかワシントン。ワシントン州の方ね。なんかも行ったことがないという感じだったので。
はな
今回は?
里英
今回は初めて東海岸に行ってきました。
はな
東海岸ですか。
里英
はい。
はな
どちらですか?
里英
私の大学時代の友人が二十何年、25年ぐらいかな?住んでるんですけれども、今は彼女はニューハンプシャーに住んでいるので。
はな
ニューハンプシャー。
里英
すごく田舎。静かなところなんですけれど。ボストンから入って、ニューハンプシャー。元々ポートランド。ポートランドオレゴンではなくてポートランドメインに住んでいたので、ポートランドに遊びに行って、それでまたボストンから帰ってきたんですけど。厳密に言うとイギリスからはニューヨークに飛んでるんです最初。JFKから入って、トランジットでボストンまで移動して、迎えに来てもらってニューハンプシャーっていう。
はな
じゃあ入国審査はJFKだったんですね?
里英
もう後悔しましたね。
はな
そうなんですか?何故?大きすぎる?
里英
初めてでしたから。私ね、JFKってイメージがあったんですよ。ニューヨーク、大都会の大きな1番メインの空港だからって思っていたら、なんてことはない。すごく手際が悪いんですね。
はな
あ〜、なるほどね。うんうん…それは言えるかもしれない。
里英
当然行く前にESTAを申請して行っているんですけれども、「ESTAの初めての人はこちら」っていうキュー、キューっていう並んでる列をもう1つ「リターンの人はこちら」とかって書いてあったんですけど、私はこれは自分がどちらに入るのかがわからなくて。
はな
微妙ですね 、里英さん。
里英
はい。で、ただ初めての人はこちらという列がそこにもうカードというか、表示があって、60分以上かかるって書いてあったんですよ。私トランジットがあるので余裕を見て確か3時間ぐらいあったんですけど。でもそんなところでモタモタされたら一体いつ出られるのかわからないし。またその乗り場までどれだけ時間がかかるかもわからないので、この最初の時点で1時間以上かかったらたまらないと思ってですね。
はな
そうですね。
里英
リターンの方に入ったんですよ。
はな
それで?
里英
ESTA自体以前にも申請したことはあったので。ただ今回取ったESTAで既にアメリカに入っていて、またアメリカに来たとかではないから、一体これはどういう風に受け取ったらいいのかなと思ったのが1つ。
はな
うんうん…そうね。
里英
またそこで変なチケットみたいなのが出てきて、1回機械で出てくるんですよ。あれ何の為なのかわからないんですけど。またそのチケットを係員に見せるとですね、あっちへ行けとかこっちへ行けとかって言われて、もうすごい混みようで。
はな
う〜ん。わかりづらいですね。
里英
わかりづらいですね。すごくわかりづらいというのが最初の印象でした。ただやたら時間がかかるので、私は全然余裕でどうやって時間を潰そうかなぐらいに思っていたのが「え!これ間に合うの?」みたいな。
はな
そう。
里英
ぐらいの。思いましたね。あとはね、ちょっと話が前後するんですけど、降りたというか、飛行機がタッチダウンした時に、みんな拍手するんですよ!
はな
そうなんだ!
里英
何故!?っていう。
はな
それってでもありますよ時々。毎回ではないと思うけど。「着陸、イエ〜イ!」みたいなのはないですか?
里英
そっか!まあ確かに、本当に「へ〜!」っていう感じ。
はな
うんうん。
里英
何故?って、やっぱり繰り返しちゃいますけど、思ったのと。
はな
それって国内線ですか?国際線ですか?
里英
国際線です。要はロンドンからニューヨーク。
はな
ふ〜ん。
里英
着陸したんですね。拍手してるんだもん。
はな
そうなんだ。
里英
全然悪いことじゃないし、いいんですけど。
はな
うん。ちょっとビックリした?
里英
この理由は何?っていう。
はな
あれじゃないですか?着陸が無事できたっていうのと、長旅で疲れたのがようやく解放されるっていうのと両方じゃないですかね?
里英
そうなんでしょうね。じゃあっていってね、トランジットの方、ニューヨークからボストンに行く方は誰も拍手しないんですよ別に。
はな
そうなんだ。全部が全部そうじゃないと思いますよ。ノリのいい航空会社のとかね。乗ってる人たちのその時の気分にもよると思いますけれども。
里英
なるほどね。だから「こっちは拍手しないけれどもそれは距離が短いから?」とか考えたりとかして。
はな
うんうん。
里英
そう。最初はそんな印象でした。
はな
じゃあ割とノリノリな雰囲気でアメリカに入国と。
里英
そうですね。あとはね、もう1つ思ったのは、トランジットの時だったかな。それともニューヨークに着いた時だったかな。荷物が出てくるカルーセルの番号を機長が教えてくれるんですよね。
はな
ん!?
里英
着陸した時に。「荷物は何番何番から出てきます」っていうのをbaggage claimって言ってた。
はな
うんうん…そうじゃないんですか?
里英
「carousel numberは〜です」っていうんではなくて、「baggage claim number~です」って言ってたと思います。
はな
なるほどなるほど。
里英
そんなアナウンスしてくれませんからね、イギリス。
はな
あ、そう。
里英
私の経験ではかもしれないけど、1度も聞いたことないです。親切だなと思いましたよ、それは。
はな
それは空港のサイズが大きいからとかそういうんじゃなくって?
里英
う〜ん、それは還収としてではないでしょうか。
はな
う〜ん、なるほどね。ふ〜ん。じゃあイギリスでは到着してから自分で探すと。
里英
そうです。要はbaggage reclaimのところへ行って。入国審査が終わってからありますよね。そこへ行ってから表示されている電光掲示板を見て確認をする。
はな
まあ自分でやってくれということですね。
里英
そうですね。そう思いますね。
はな
ふ〜ん。
里英
そうなんですよ。
この後はお馴染みの英語コーナーになります。

今週もやってまいりましたYour life in five minutes.のお時間です。今月は、スペイン語、アルメニア語、そして英語の通訳者をしているお友達のマリアナ・ハラジ・アスメニアンさんにお越しいただいています。

この先は有料コンテンツとなります。
有料コンテンツは現在準備中ですのでしばらくお待ちください。

里英
この番組ではみなさんからの英語の勉強に関するご相談やご質問を受け付けています。番組内でお答えしていきますのでお気軽にどしどしお寄せください。
Rie London Official Siteのお問い合わせページの問い合わせフォームをご利用いただき、件名に「Podcastの質問」と入力し、コメント欄にご相談内容を記入してください。ご希望のペンネーム、匿名希望の方はその旨を記載してください。ウェブサイトはwww.rie.londonです。ご連絡をお待ちしています。


『日本人の英語を変える!発音改善コース』詳細ページ

日本人の英語を変える!発音改善コース』の体験セミナーを開催します!

つぎは 10月12日(土) です。

チェック(透過)英語によるディスカッションでなかなか発言できない。
チェック(透過)勇気を出して英語で話しても訊き返され自信を失くしてしまう。
チェック(透過)ある程度は話せるが、外国人と二人きりになると会話が持たない。

・・そんなお悩みがある方は一度ご相談ください!

 

ポッドキャスト『日本人の英語を変える!ポッドキャスト』配信中! イギリス英語、英語学習、異文化コミュニケーション、通訳の話など・・・幅広いトピックを対話形式でご紹介しています。毎週土曜日に新エピソードを配信


このブログはにほんブログ村のランキングに参加しています。
下の写真をクリックして下さい♪

にほんブログ村 英語ブログ イギリス英語へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください